介護食試食会 H30.3.13

 ケアマネージャーによる介護食の試食会を開催しました。

嚙む力や飲み込む力が弱くなり、通常食が食べられなくなった方のために柔らかく食べやすい介護食が開発されていますが、味がいまひとつ・・・という声も聞かれてきました。

日々の食事は大きな楽しみですので、栄養価が高く、尚且つおいしいものをおすすめできたらうれしいです。

先ずはケアマネージャー自ら知っておくことが大事と介護食試食会を開催しました。

煮魚、麻婆茄子、竜田揚げ、野菜等々試食しましたが、

・塩分控えめで出し汁中心のしっかりした味付けでおいしかった。

・やわらかくて食べやすく、以前に比べ形も残っているので見た目からもおいしそう。

・器もあけやすくなり、より食べやすく改良されている。

・細かく利用者に合わせた食事形態に工夫されている。

等の感想が聞かれ、介護食も大きく進化していることを実感しました。

 

必要に応じて、こうした介護食のご提案等もさせて頂きながら、在宅でのより快適な生活を支えていきたいと思います。

介護勉強会

H29.7.19

「介護勉強会」

昨年に引き続き2回目となりますが、富士ゼロックス労働組合開催(7月12日)「わらまねCafé」の〝介護勉強会〟に弊社ケアマネ2名が参加させて頂き、

  • 介護保険のしくみ
  • 介護が必要になったときまずどうするのか・・・
  • どのようなサービスが受けられるのか  等々

質問会を行いました。

 

「親がそろそろ介護を受ける年齢になったから・・・」という社員さん達・・介護の問題は切実です。

こうした勉強会等、お声掛け頂ければていねいにご説明に伺います。

地域の皆様に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

看護実習生

 今年も看護実習生の受入れがあり、6月〜7月の期間、4名の看護学生さんが学びました。

  • 日常生活の中にふみ込むので、身だしなみやマナーが大切と感じた。
  • 病院と比べ、看護師とご家族の距離が近いので相談しやすい距離であり、やりがいがある。
  • 家族の1つ1つの言葉に患者さんへの思いが伝わってきた。
  • 安心できる環境づくりが大切と思った。

等々、多くのことを学ぶことができ、楽しく有意義な実習となりました。と感想を語ってくれました。
いつの日か在宅医療の現場で活躍してもらえたら、うれしいです。

お知らせ

この度、あんしん訪問看護リハビリステーションは、3ヵ所のステーションを1ヵ所に集結して、
『機能強化型(地域をケアで支えるだけの規模・機能を持つ)訪問看護ステーション』を目指して活動していくこととなりました。

平成29年7月1日より
あんしん訪問看護リハビリステーション南(南区)
あんしん訪問看護リハビリステーション保土ヶ谷(保土ヶ谷区)を
あんしん訪問看護リハビリステーション(西区)に統合

1ヵ所に訪問看護師が多数いることで、これまで以上により多くの、また多様なご依頼にお応えできるようになり、より安定的に質の高いサービスをご提供していくことが出来るものと考えております。
サービス提供地域はこれまでと変わらず、お客様にご不便をおかけすることはございませんのでご安心下さい。

在宅医療の大きな使命を担う訪問看護・リハビリを今後益々充実させて参りたいと思います。スタッフ一同、全力で頑張って参りますので、変わらぬご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

社内 交通安全セミナー 開催

日  時:平成29年5月18日(木) 16:00〜17:00
講  師:神奈川県戸部警察署 交通課 警部補 時津 信之 氏
参加人数:30名

毎日、車、バイク、自転車を駆使して在宅介護・看護サービスに走るスタッフ。
「今日も事故なしでいこう!!」の掛け声で一日をスタートします。
無事故をめざして、今日は「交通安全セミナー」を開催しました。

周辺の事故多発地点、多発する事故例、認知の勘違いテストなど、軽快なお話しとビデオ等を交えて、大変興味深く有意義なセミナーとなりました。

運転する上で、特に気を付けなければいけない点をしっかり確認することができ、安全運転の意識を高めることができました。

在宅で介護、看護を待って下さっている皆様のために、日々元気で走り続けられるよう、これからも無事故を期して、頑張っていきたいと思います。

 

alt= alt= alt=
お問い合わせ
看護師国家試験対策講座
介護QアンドA