header
居宅介護支援訪問介護訪問看護・リハビリテーション障害福祉サービス

あんしん先生blog 2 医師国家試験

医師国家試験は毎年2月に行われ、医学部を卒業した約1万人が受験します。

今年の第114回医師国家試験の合格率は92%で例年よりも高めでした。医学部は全国で約80大学ほどあり、一学年90~120人程度です。大学によっては進級が厳しいところがあり、卒業試験で約30人も落とす(=留年)ところなどあり、卒業試験をクリアしてやっと医師国家試験を受けることができます。

医学部をストレート進級できるのは平均して9割前後かと思います。だいたい1,2年次の解剖、6年次の卒業試験が関門となります。

そして迎えた国家試験は落ちれないプレッシャーや医学部に合格して卒業した人たちで争う試験ですのでレベルが高く、過酷な戦いになります。医師国家試験というのは、全身で見ると足のつま先から頭の上まで全部を含む体の構造や疾患、治療、公衆衛生などすべてを含むため、とても膨大な知識を問い、現在は全部で400問を1日目と2日目に分けて9:30~18:30と一日がかりで解きます。

そして、晴れて合格となってからは初期研修医として2年間の研修を行い、3年目から各自の専門科に進み後期研修を歩みだすことになります。これでやっと医師として働けることになります。これが現行の制度となっています。

現在の出題傾向を見てみると、昨今の少子高齢化社会を反映して、介護の問題なども取り上げられています。

例えば、
2019年の医師国家試験では

113F-43
地域包括支援センターに配置が義務付けられているのはどれか?3つ選べ。
a.医師
b.保健師
c.社会福祉士
d.ケアマネージャー
e.医療ソーシャルワーカー
(第113回医師国家試験問題抜粋)

正解はb.保健師、c.社会福祉士、d.ケアマネージャーです。
介護従事者の方などはご存じかと思いますが、医師も介護について知っている必要があるというメッセージだと思われます。

今後は介護について詳しい医師が増えていくことでしょう。

あんしん先生blog 1 「コロナ」

はじめまして
神奈川県のとある病院で勤務医として働いています「あんしん先生」と申します。
日々の診療で感じたことや介護に関連したことについて述べさせて頂きたいと思います。
拙い文章ではありますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響が全世界に広がり、日本でも緊急事態宣言が出て1ヵ月以上経ちました。

皆様、本当に大変な日々をお過ごしかと思います。そして日本の医療の現場は大変緊迫しております。私が働いている病院(神奈川)においてもコロナ病棟やコロナチーム、コロナ専用エレベーターを作って体制を整えております。

病院の出入り口を一か所に集約、面会は原則禁止とし院内感染を起こさないように徹底しております。食事の際も対面を避け私語を謹む、基本的にマスク着用しての業務、一人一人の患者さんを回診する際にも病室入室と退室時に手指衛生の徹底等、感染リスクを最大限に抑えるための努力をしております。ただ、医療資源の枯渇が進み、N95 マスクは1ヵ月使用することなど、今まで当たり前のように使っていた資源を大切に使っております。

医療崩壊はもう目の前に迫っております。それは救える命を減らしてしまうことです。病院が診療継続できなくなると、外来や手術ができなくなったりと普段行えていた医療ができずに救えていた命を見捨てることに繋がりかねません。

この危機的状況をとにかく早く収束させるには皆さんの協力が不可欠です。3密を避け、人との接触を減らし、マスク着用、手指衛生。この継続が必ずコロナの収束に繋がります。一医療人として、皆様のご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。

我々も最大限の努力をして日々目の前の患者さんに向き合い医療と真剣に向き合っていく所存です。

介護も同様に本当に必要とされる方に介護サービスを提供することがとても重要であり、自ら感染しない、相手に感染させない、感染を起こさないという自覚と責任は医療と変わらないと思います。医療も介護もこの危機的状況を乗り越えましょう!

 

新型コロナ感染拡大防止に全力を!

2020.2.26

新型コロナ感染拡大防止のための 政府基本方針にのっとり3月中は社内に於ける事業所間の交流を控え、会議や面談を中止、スカイプや電話を活用して業務を推進することと決定いたしました。

また、横浜市健康福祉局の対応方針に基づき、サービス担当者会議・モニタリングにおきましても、電話やFAX等での照会により意見の交換をする形を取る場合がありますのでご了承下さい。

介護・看護・リハ等の訪問サービスの際は、手洗い、うがい、アルコール消毒、マスク、エプロン、グローブ着用等をさらに徹底し感染を防いで参ります。

スタッフ一同、力を合わせて全力で感染拡大防止に取り組んで参ります。

 

 

ハラスメント防止研修

2019年10月15日
ハラスメント防止研修

ハラスメントは 行為者の意図に関係なく相手を不快にしたり、人格や尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威や不安を与える行為です。

職場に於けるハラスメントを防止するために、社員が遵守すべき事項や防止するための措置等を定めた「ハラスメント防止規定」を役職者全員で確認し、防止のための研修を行いました。

当社はハラスメントを断固許しません。
これまで社員全員の努力でハラスメントのない明るい職場を構築してきましたが、これからも更に、誰もが安心して伸び伸びと働ける職場作りに努力して参りたいと思います。

防災訓練を実施

年に一度、防災訓練を行っていますが

今年は9月20日、午前9:58に横浜を震源とする

マグニチュード7.6の地震が発生したとの想定で

防災訓練を行いました。

スタッフ、お客様の安否確認については、LINEを使いスピーディーな連絡をとりあうことができました。

全員のヘルメットの確認、救急箱や避難経路、防災備品の確認等は大変大事な事だと実感します。

また 避難時に於けるスタッフの役割についても更に検討し改良を重ねていく

必要があると思いました。

今後も防災体制の充実を図って参りたいと思います。

 

  

alt= alt= alt=
お問い合わせ
看護師国家試験対策講座
介護QアンドA