「訪問看護部、社内セミナー」を開催しました。

平成28年5月18日(水)
「訪問看護部、社内セミナー」を開催しました。

テーマ
聴診器の使い方

訪問看護の場で使用できる代表的な器機として聴診器があります。今日は聴診器の使い方について、初診に戻って、一緒に確認していただきたいと思います。
聴診器を使用する主な目的として以下のものがあります。

  • 心音の聴取
  • 呼吸音の聴取
  • 消化管蠕動音の聴取
  • 血圧測定時のコルトコフ音の聴取

 

聴診器には、膜型とベル型があります。これらは以下のような特徴があります。

  • 膜型
    • 高音(100〜400Hz)を聴くのに適している。
    • 強めに皮膚に押し当てて聴く。
    • 皮膚に当てる力が弱いと、擦過音(ノイズ)が入りやすい。
  • ベル型
    • 低音(40〜100Hz)を聴くのに適している。
    • 軽く皮膚に当てるようにして聴く。
    • ベルを強く皮膚に押し当てると、低音が聞こえにくくなってしまう。

心音について:基本的にI音とII音で構成されます。

  • I音
    • 低く長めの音
    • 僧帽弁と三尖弁の閉鎖音
      • 僧帽弁の音は、心尖部で聴く。
      • 三尖弁の音は、第5肋間胸骨左縁で聴く。
  • II音
    • 高く短めの音
    • 大動脈弁と肺動脈弁の閉鎖音
      • 大動脈弁の音は、第2肋間胸骨右縁で聴く。
      • 肺動脈弁の音は、第2肋間胸骨左縁で聴く。

(左心系の大動脈弁が右縁、右心系の肺動脈弁が左縁、というところがポイントです。)

 

呼吸音について:下葉は左右とも背側にありますので、前胸壁だけでなく、背面の呼吸音をきちんと聴取することが大切です。座位が難しい患者さんは、側臥位になっていただくと背面の呼吸音を聴取できます。

消化管の蠕動音について:高齢者では、便秘や麻痺性イレウスもみられます。普段から、その患者さんの消化管蠕動音を聴いておくと良いでしょう。絞扼性イレウスで、蠕動音は亢進、麻痺性イレウスで蠕動音は減弱します。

本日は、聴診器の使い方について、確認していただきました。普段から聴診器を正しく使いこなすことで、より質の高い看護・医療を提供できると思いますので、ご参考になさってください。

あんしんケア 産業医 長谷川

 

20160518社内研修 20160518社内研修

 

alt= alt= alt=
お問い合わせ
看護師国家試験対策講座
介護QアンドA